スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費者金融の審査の流れ

消費者金融業者は金庫やクレジットカード会社などと比べて審査してから振込みまでのスピードが極端に早いですよね。

これはいざというときにまとまったお金が必要な方にとっては非常にありがたいシステムと思います。3日や1週間ぐらいかかっていては待っていられなお客さんもいると思いますしね。


ここでは大まかな審査の流れを見ていきましょう。


□□信用情報機関に照会□□
まずはじめに他社との情報共有している信用情報機関にあなたの個人情報お問い合わせします。現在、何軒の消費者金融に、いくら借り入れをしているのか、今までに返済を延滞していなかったか、あなたの簡単な個人情報入力するだけですぐに照会ができてしまいます。

消費者金融は審査の際にこれらの情報照会することにはで、あなたが申し込み用紙に記入した情報と、違いがないかどうかも確認しています。


□□自社の与信システムで属性モデルの分類を行う□□
あなたが申し込み用紙に入力した、個人情報もとに、過去の膨大な顧客データからあなたに近い属性モデルを当てはめて、あなたに融資する限度額や契約の申込の受理をするかどうかの判断をしています。

加工膨大な顧客データから、あなたが今後どのような行動するかは、ある程度予測が立てられてしまっているのです。完全に一致するというわけではないので、あなたがしっかり返済をする人であっても、過去にあなたに近い属性モデルを持った人が、しっかり返済などしてなかったり事故破産をしていたりすると、審査に通過することができない場合もあります。


□□あなたの身元を確認する□□
消費者金融は審査をした@債権を回収する時に、あなたの勤務先は身元がわかっていないと貸倒をするリスクが増えてしまいます。そこであなた申告者勤務先にあなたが本当に勤務しているのかを確認するために在籍確認の電話をします。

また自宅として記入した連絡先にも確認の電話きます。これらの電話確認することによってあなたの在籍確認をした後に、担当者が融資をするかどうかを決定しています。

多くの消費者金融はスピード融資を売りにしていますので、記入した連絡先にすぐに確認を入れて、問題判断すればすぐに融資をしてくれます。

審査甘い消費者金融


消費者金融審査甘いブラック可


金融ブラックリスト融資NAVI

人気サイトランキング

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。